彼氏彼女がいるのに他の人を好きになる

【浮気現場】

インターホン「ピーンポーン」

A女「会いたかった・・。」

浮気男「俺もだよ。電話もできないんだもん寂しかった・・」

A女「今日はいいの?}

浮気男「今日は出張って言ってある」

A女「うれしい。」

浮気男「俺たちもっと早く出会っていれば・・・。こんなにつらい思いしなくて済んだのにな・・。」

A女「いいの。私このままでもいい・・。」

行く手がはばまれるほどかえって情熱的になる

 障害は恋を盛り上げてくれます。とある心理学者が恋人同士を対象に行った調査でも、お互いの親が二人の交際に反対しているほど、恋愛満足度が高くなることが指摘されています。こうした効果を、「ロミオとジュリエット効果」といいます。ロマンチックですね・・。

 恋の行く手をはばむ障害の一つが、「すでに相手にパートナーがいる」というパターン。相手がいるというのは、それだけ魅力がある証拠。恋人や配偶者がいる相手に惹かれてしまうのは、生きるものとして当然の事なのかもしれません。世間一般からしたら、最低なことかもしれませんが・・。

 しかし、相手がいると知って諦める人もいれば、かまわずしてアプローチする人もいます。後者の人には、ナルシスト、飽きっぽい、流されやすい、寂しがり屋といった傾向があり、結果的に危険な恋に走りやすいタイプといえます。

 浮気や不倫、略奪愛は、禁じられているからこそかえって情熱的になり、それを愛の深さだと錯覚してしまいやすいので、注意が必要です。手に入れたとたんに情熱が冷めることも少なくありません。(冷めるというのは、浮気相手と付き合えたとたん浮気相手に冷たくなるということ。)

浮気・不倫・略奪愛に走りやすい人

すでに恋人やパートナーがいる人との恋愛は、かなり危険ですよね。では、そんな危険な恋にのめり込んでしまう人の心理は一体どうなのか?

・ナルシスト

自分は特別と思うあまり、パートナーの気持ちを考えず、突っ走ることも。

・寂しがり屋

寂しさのあまり恋愛に依存してしまうような人は危険な恋にもはまりやすい。

・飽きっぽい

髪型などを頻繁に変える飽きっぽいタイプは、人に対する興味も変わりやすい。

・好奇心旺盛

いろいろなことに興味を持つ好奇心旺盛なタイプは、ダメなことに興味本位で手を出してしまうことも。

・自己顕示欲が強い

「自己顕示欲」とは、人に認めてもらいたいという気持ち。自己顕示欲が強い人は、ちやほやされると簡単にその気になることも。

豆知識
❑好きな人に恋人がいたら?
好きな人に恋人がいた場合、すんなり諦めてもよいが、好意をアピールしとくのも一つの手。一途になりすぎると病んでしまうので、他の異性に目を向けつつ気軽にアピールするのがポイント。

「恋愛の心理」に関する記事

    コメントを残す