現実より2次元が好きな人

現実の異性の代わりに2次元に恋する人もいる

 現実の異性に目もくれず、アニメやゲームのキャラクターに夢中になる人がいます。それ自体は、音楽やスポーツに夢中になることと同じ。単なる趣味の一つであり、おかしなことではありません。しかし、のめり込み過ぎて本気でキャラクターに恋してしまう人もいます。男性に多く、「オタク」などと呼ばれる人々です。(最近でいうとラブライバー)架空のキャラクターは非常に魅力的に作られていますから、もちろん本気で好きになる場合もあるでしょう。しかし、現実の女性に相手にされず、その「大証」としてキャラクターを愛しているケースも少なくありません。

 「3次元なんか興味ない」などという人は、おそらくこちらのタイプでしょう。また、近年はアイドルに過剰にはまる人もいます。応援すれば笑顔で応えてくれて、拒絶することはない存在。お金と時間をつぎ込めば感謝され、活躍する姿を見ることが出来ます。現実の恋では様々な問題が起こり、傷つくこともありますが、そのようなことはありません。これはある意味、現実の女性との関係における面倒な問題がからの「逃避」と考えられます。自信のなさや、過去のしつこいが根底にあるのかもしれません。

バーチャル世界にはまりやすい人

現実の恋愛には興味がなく消極的なのに、2次元キャラクターやアイドルに夢中・・・。そういった人たちは、男性だけでなく女性にも増えつつあります。

・現実の以西と接する機会が少ない

異性と接する機会が少ないまま成長すると、現実の異性に対して苦手意識が芽生えてきやすい。そのため、現実の異性より2次元キャラクターやアイドルに目を向けてしまうこともある。

・自分に自信がない

自分の外見にコンプレックスがあったり、過去にひどい失恋をしたりした場合、異性に積極的にアプローチする気になれず、バーチャル世界に逃げ込んでしまうことがある。

・想像力豊かで素直すぎる

バーチャル世界は魅力的なキャラクターだらけ。夢中になるのも無理はありません。想像力が豊で素直な人は、現実と同じように受け入れてしまい、夢中になりすぎることも・・・。

・理想高かすぎる

好きなキャラクターやアイドルに対して、「この人は完璧だ!」と極度に理想化しすぎると、現実の異性に目が向きずらくなる。

豆知識
❑オタクって面食いなの?
オタクとは、こだわりが強い人々。そうした傾向が異性の外見に対しても発揮された場合、美人や容姿への執着といった形で現れることも。

「恋愛の心理」に関する記事

    コメントを残す