似た者同士が付き合うって本当?

【同僚と取引先へ】

A女「(ニコニコ)」

B男「なんかうれしそうですね。」

A女「実は明日、TXILEのライブに行くんです!」

B男「え!?いいな!実は僕もTXILE好きなんだけどなかなかチケットとれないんですよね・・。」

A女「B男さんも好きなんですか!?私、時々チケット多くとれるので、その時声かけますよ」

B男「やったあ!ありがとおお!」

共通点がある相手とは打ち明けるのが早い

 誰かと親しくなるには、「類似性」「相補性」という二つの原理が働きます。類似性は似ている事相補性は正反対であることです。

 このうち、付き合い初めの段階でカギとなるのは類似性です。恋愛に限らず、共通点を発見したことで相手との距離がぐっと縮まった経験は、誰にでもあるはずです。似た者同士であれば、一緒にいてもリラックスでき、話もはずむでしょう。

 一方、関係が深まるにつれて大切になってくれるのが、相補性です。自分にはない相手の魅力を発見することで付き合いが深まり、二人の世界が広がります。さらに、結婚相手にまでなると、お互いの欠点を補いあえるような相補性が、共同生活する上でのカギとなるでしょう。またパートナー選びでは、お互いに「釣り合っている」と感じられるかどうかも重要。「マッチング仮説」によると、私たちは身体的魅力が自分と近い人をパートナーに選ぶ傾向があるそう。あまりにも魅力的な相手を前にすると、無意識に引け目を感じて拒否してしまうのです。

 もちろん、容姿に限りません。お互いに居心地よくいるためには、自己評価の度合いがよく似た相手であることが大切なのです。

似ている人には好意的になる

とある、社会心理学者は20歳以上を対象にこんな実験をした。

【実験】

⓵様々な社会事象に関するアンケートを実施し、各項目について賛成から反対までの6段階で答えてもらう。

⓶他人回答したアンケート結果を見せ、その人物の魅力を評価させた。このとき、本人が回答したアンケート結果に似たパターン、違うパターンなど、いくつか用意した。

【結果】

アンケート結果の類似度と、その人物に対する評価には、下のグラフのような関係が見られた。グラフからは、アンケート結果の類似度が高いほど、その人物を魅力的だと判断していることがわかる。

以上の事から人は、自分と似た考えや思想を持つ人を好意的に評価するものだと私は思います。

豆知識
❑初対面では「類似性」を強調
ビジネスシーンなどでも、相手と早く打ち解けるには、相手に合わせるほうが得策。「相補性」は、関係が出来てから見せるほうが、受け入れてもらいやすいでしょう。

「恋愛の心理」に関する記事

    コメントを残す