女性は第一印象で男性を評価する!恋愛の心理

【喫茶店Aにて】
店員「い、いらっしゃいませ。(汗)何名様ですか?(おどおど)」

カナコ「2名です。」

マナミ「(どんくさそう・・・)」

店員「奥の席どうぞ(汗)」

(数分後)

カナコ「注文取り来るの遅いね」

マナミ「仕事できなさそうな感じの店員だったもんねw」

【喫茶店Bにて】
店員「いらっしゃいませ!2名様ですか?^^」

カナコ「はい!」

マナミ「(いい人そう・・)」

店員「こちらの席へどうぞ^^」

(数分後)

カナコ「店員さんかっこよかったねwそういえば、店員さん注文とりこないね」

マナミ「忙しいのかもよ!」

スポンサーリンク

初対面のイメージで
評価も変わる

 たとえば、

【まじめで、知的で、嫉妬深いAさん】

【嫉妬深くて、知的で、まじめなBさん】

だったらどっちが印象良く感じますか?

実際はどちらも同じ。言葉の順序を変えただけですが、受ける印象は変わってしまいます。基本的に、人は最初に与えられた印象に強く影響される傾向があり、心理学の世界では「初頭効果」と言われています。

 先ほどの例でも、最初に「まじめ」、「知的」という、良いイメージの言葉を聞くと、最後の「嫉妬深い」のマイナスイメージは軽減されます。

しかし、最初に「嫉妬深い」と聞くと、それに続く「知的」、「まじめ」まで暗く理屈っぽい印象として受け取ってしまう可能性が高くなります。つまり、第一印象は非常に大切だという事。

初対面から3回が勝負

 人の印象は3回会う間に決まってしまうという「スリーセット理論」があります。特に第一印象は最重要。嫌な印象を与えると、機械すらならないことも。

初対面⇒第一印象を決定する

まず外見から人柄をイメージ。さらに表情やしぐさ、話の内容などから印象が決まる。ここでNG判定されると恋愛対象になるのは難しい。

2回目⇒印象を再判定する

自分の思った第一印象が正しかったのかどうか、再度相手を判定する機会。

3回目⇒印象を確認する

判定した印象を確認し、固定化する。4回目以降は固定化した印象を強めていくため、簡単には印象は変わらない。ギャップで印象がくつがえされることもあるが、それは状況次第。

豆知識
❑誰かに注意されるときも
職場で部下に注意するときなども、厳しいだけでは意欲の低下を招きかねません。「ほめる⇒注意する⇒ねぎらう」など、最初と最後にプラスの言葉を使い、マイルドに叱ることが重要です。

個人的な感想

 たとえ、第一印象から「この人めっちゃいい人!」だなんて思われたとしても、その先もしかしたら嫌われる可能性もあると思います。人は話している内にボロを出すっていう言葉をよく耳にします。

 これは私の経験なんですけど、私はかなり独り言が多い人間なんです。(一人で物事を語っちゃうような感じの)それであるとき、好きな人と電話をしているときに私は、「お風呂に入ってくる」といい電話を切らずに行きました。帰ってくるときは電話のことを忘れていて、とある政治の事について一人で語っていましたw数分経って電話の事に気づき「うわああ、やばい」と頭の中で思い携帯を見てみると電話は繋がったままでした。この時は本当に死にたくなるくらい恥ずかしかったです。相手には、「え?大丈夫?」とかなんとか言われましたが「もしかしたら嫌われたんじゃ・・。」とも思いましたw今も通話したり一緒に遊んだりしているので多分大丈夫だとは思いますが、皆さんも気を付けてくださいね・・。

 多分こんな私のような馬鹿なことはないと思いますが、人間なのでうっかりボロを出してしまうことがあると思います。ご注意を・・。長々とすみませんでした。

スポンサーリンク

コメントを残す