恋愛心(モチベーション)が高まるときってどんな時?

【クリスマス前の出来事】
(電話)
カナコ「ねぇ、土曜日にさ、新しくできたアウトレット行こうよー」

マナミ「ごめーん><、土曜日は彼氏と約束しちゃって・・。」

カナコ「そうなんか・・。じゃあまた今度・・。」
(電話終了)
カナコ「彼氏できた途端これかよ!(怒)」

カナコ「そっか、世間はクリスマスだな。あー、私も彼氏ほしい・・。」

スポンサーリンク

幸せそうな友達を見ると恋人が欲しくなる

 私たちの心規模は、まわりの影響を受けて変化します。恋に対するモチベーションも同様です。まわりの友達に恋人ができて幸せそうにしていたり、テレビや雑誌で「恋人と行きたいデートスポット」などが紹介されたりすると、「恋人がほしい!」という気持ちになるもの。「まわりと同じでいたい」という「同調心理」が働くためです。

 また、大学生を対象にした統計では、中学、高校生のとき、告白する(または告白される)率が高かった時期は、1年のうち2月、3月だったというデータもあります。(私の推測としては、バレンタインやホワイトデーを狙う方が多いのかと)

 その大きな要因が、2月、3月は「別れの季節」だということ。卒業やクラス替えを目前にして、「もう会えなくなる・・。」と感じると、私たちはそれまで以上に相手を魅力的だと判断しやすくなります。

 これは、「心理的リアクタンス」と呼ばれる心の働き。人は基本的に「自分は自由だ」と考えているもので、その自由が脅かされそうになると、「抵抗」しようとするのです。

 ちなみに、この時期に告白が多いのは、「どうせ離れてしまう」という状況も関係しているそうです。告白が失敗しても会わずに済むため、心理的負担が軽くなるようです。

個人的な感想
 2,3月頃に告白して失敗したら「まぁ、卒業してどうせ離れるんだし・・」って考えられるけど、成功した場合、卒業後、別々の学校に離れて付き合うわけだから・・。付き合ってる同士なかなか一緒に居れなくて辛いのでは・・?。と思います。

高まる!恋愛モチベーション

恋愛感情は、いろいろな心理の影響を受けています。恋する気持ちが高まりやすいシチュエーションをご紹介します。

友達に恋人ができた時

まわりの友達に彼氏・彼女ができたり、TVや雑誌で「クリスマスは恋人と」と煽られたりすると、「自分も・・。」という気になりやすい。

別れの時期が近づいたとき

「もう会えなくなる」という状況になると、先ほど説明した「心理的リアクタンス」によって相手をより魅力的に思い、気持ちが上がりやすい。

新しいことを始めるとき

新しい環境ではドーパミンの分泌量が増え、ドキドキしやすい。その状態で異性に会うと恋に落ちやすいというデータもあります。

豆知識
❑限定だから欲しくなる!
買い物の場面でも「あと1点!」「限定5個!」などと煽られると、無情に欲しくなってしまったことはありませんか?これもまた、「心理的リアクタンス」です。

コメントを残す