現実とネットの恋愛を比較してみた

リアルとネットの違い

 インターネット上での人との付き合いと、リアルでの人との付き合い方には大きく違いがあります。
まず、何が違うのか、そこをまとめていこうと思います。

 現実では、友達や家族、親友、職場の人と話すことがとても多いでしょう。知らない人にいきなり話しかけるなんて道を尋ねる以外あまりないですよね。ましてや、知らない人だからとても不安です。それを、対面せずに知らない人と気軽に話せることができるのがインターネットです。そのインターネットの良いところは、クリック一つで沢山の情報を得ることができる。そして、住んでいる地域、国を超えて、沢山の人と繋がることが出来るのです。そこが、現実との最も大きな違いです。

リアルとネットの良い点

リアル

  • 人と話すことが好きな人には良い環境
  • 食事や遊びがスグにできて生活を満喫できる
  • 恋愛が発展しやすい
  • 相手と直接話すことによって、相手の感情を見ることが出来る

ネット

  • 人と話すことが苦手な人には良い環境
  • 暇なときに連絡を取り合うことが出来る
  • 出会いに繋がる可能性がある
  • 現実逃避した気分になれる

ネット恋愛がしやすい理由!

 恋が始まるきっかけというものは、だれも予想することが出来ません。仕事で恋に発展したり、遊びで恋に発展したりする中、ネットから出会いに繋がり恋に発展したりもします。 では、実際リアル恋愛とネット恋愛では、どちらのほうが恋に発展しやすいのか見ていきましょう。

まずはこちらの図をご覧ください。

これは、20歳以上の恋人同士500組にアンケートをとった図です。恋愛のきっかけは、

  • 職場
  • 学校
  • ネット
  • 友達の紹介
  • アルバイト
  • 合コン

がある中、2位に占めているのが「ネット」なのです。確かに、職場恋愛が圧倒的な数字ですがそれに比べてネット恋愛も負けてはいません。では、一体なぜネット恋愛する人が多いのか。

ネット恋愛する人が多い理由

 それは、LineやTwitterまたは出会い系サイトなど様々なSNSアプリが存在しているからです。今では、スマホで簡単に知らない人と連絡が取れる時代になっています。特に、出会い系サイトなんかは、お互いのプロフィール(趣味、職など)にマッチしたらすぐにその人と連絡が取れ、恋に繋げる人もいます。

このように、スマホで簡単にインターネットが使えることによってネット恋愛をする方が増えていってるのです。

コメントを残す