カモフレの意味は2つある!?カモフレが流行りの理由【2017年版】

スポンサーリンク

はじめに

最近、若者の間ではでは、〇〇フレンドという言葉が大流行していますね。

  • セフレセックスフレンドの略で、付き合わずしてセックスするだけの関係
  • ソフレ添い寝フレンドの略で、付き合わずして添い寝だけでそれ以上の続きはしない関係
  • キスフレキスフレンドの略で、付き合わずしてキス以上の事は許されない関係
  • ハグフレハグフレンドの略で、付き合わずしてハグ以上の事は許されない関係

フレンドなので、付き合わないことは前提ですね。

大人の方からしたら、「なんだよこの用語」と思う方が多いのではないでしょうか。

もうそんなに言葉増やさないでくれ・・・。
って感じですが・・・また!新たにフレンド用語が追加されました(笑)

それが、”カモフレ”です!

カモフレとは

カモフレというのは、”カモフラージュ・フレンド”の略で、恋人やカップルのフリをし合うことを言います。

実際、カモフレについてわかっていることはここまでです。

ただ、この言葉は誰がどこで作った言葉なのかは明確にまだわからないそうです。

ですので、ここからは、私の考えと他の方の記事を参考にして、解説していきます。

カモフレの意味は2つある

私は、カモフレの意味は大きく分けて2パターンにわかれていると考えました。

  1. 付き合っていないが、恋人のフリをして寂しさを埋めてくれる関係
  2. 付き合っていないが、周りに恋人同士だと思われるだけの関係

1は、他の方の記事を参考にし考えたものです。

2は、私独自の考えです。

恋人のフリをして寂しさを埋めてくれる関係

色々と記事を見回りましたが、カモフレは、「恋人のフリをして寂しさを埋めてくれる関係」とどの記事でも言われていますが、実際にこの言葉も、セフレ、ソフレ、キスフレ、ハグフレに当てはまります。

他にも、
手をつないだり
キスしたりもする
と書いてありましたが、これもキスフレに該当します。

つまり、セフレ、ソフレ、キスフレ、ハグフレは総まとめして”カモフレ”という事が言えます。

↑セフレ、ソフレ、キスフレ、ハグフレは、カモフレの一種としてとらえられる

周りに恋人同士だと思われるだけの関係

これは、「周りに恋人同士だと思われるだけの関係」の”だけ”つまりこれオンリーという考え方です。

他人には、「彼氏または彼女いるんだ!」と言い張り、目の前で手つないだり帰ったりするが、いざ二人きりになると冷める関係性または友達同士。

つまり、「寂しさを埋める関係」ではなく、他人への見かけ騙しをするためだけの”カモフレ”になります。

↑それぞれ別の見方としてとらえられる

スポンサーリンク

カモフレ 流行りの理由

なぜ、カモフレが流行っているのかという点ですが、
今の若い人は、恋人を欲しいと思ったことがない人が増えているデータがあります。
つまり、恋愛に積極的でない(草食系男子)が増えてきていることからが原因だと思われます。

草食系男子が増えると、中途半端な関係を求める人が増えるため、
セフレ
ソフレ
キスフレ
ハグフレ
と増えていき、最近新たに”カモフレ”がでてきたのです。

また、
本気の恋愛で傷つきたくない
ケンカしたり相手に気を遣ったりは重いし大変
束縛がイヤだ
という心理から”カモフレ”が流行ってきたとも言われています。

でも、カモフレから徐々に嫉妬や束縛が生まれてきて、本気の恋愛に発展してしまう恐れもありそうですね(;´∀`)

恋人や友達のように新しい関係性の1つになる!?

男女の関係性ば”友達””恋人”の2つしかありません。

様々な考え方が広がってきた現代では、その関係性も増えてきているようです。

カモフレは、新しい考え方から生まれた現代的な関係性になるかもしれません。

スポンサーリンク

【人気記事】
・女性ホルモンサプリメントを摂取して超美肌になった話
・ネットで恋愛ができたアプリ4選「100%」

コメントを残す