カトパン(加藤綾子)、アナウンサーを目指したきっかけは「彼氏のため」!?

カトパン(加藤綾子) プロフィール
  • 生年月日:1985年4月23日 (31歳)
  • 生まれ:神奈川県
  • 身長:166 cm
  • 学歴:国立音楽大学
  • 現レギュラー番組:ホンマでっか!?TV、スポーツLIFE HERO’S、優しい人なら解ける クイズやさしいね
  • 不定期出演:とんねるずのみなさんのおかげでした、芸能界特技王決定戦 TEPPEN、世界法廷ミステリー、ジャンクSPORTS
アナウンサーを目指した
きっかけ

フリーアナウンサーのカトパン「加藤綾子(31歳)」が、3月28日に放送されたバラエティ番組「アレがあるから今がある!」(フジテレビ系)に出演。アナウンサーを目指したきっかけを告白した。

加藤は、入社試験を受けた日本テレビ、TBS、フジテレビの3社から内定を得るなど、フジテレビ入社時から“スーパー女子アナ”と呼ばれた人気アナだった。その経歴はアナウンサーとしてもかなり目立っている。子供の頃から習っていたピアノで国立音大に進み、教員免許も取得。アナウンサーとは全く違う道に進むはずだったが、あることがきっかけで進路を大転換したという。

それは「大好きだった彼氏のため」の一言だ。加藤は当時お付き合いしてた人に、「先生になろうかなー」って話をしてたら、「魅力がない」って言われて。「アナウンサーとかすごいカッコイイじゃん」と言われて受けてみた・・と、後の“カトパン”の誕生には、当時の彼氏が重要な役割を果たしていたことを明かした。

これに番組MCのバナナマン・設楽統は、「オレがカトパンの最初の仕事、一緒だったじゃない? 本当にフレッシュで、あんな子が彼のために入ったって聞いたら、気がおかしくなりそう」と嘆いていた。

コメントを残す