りゅうちぇるの結婚に対する考え方「デキ婚に反対!」

 3月17日に放送されたバラエティ番組【りゅうちぇる×ちゃんねる(AbemaTV)】で、MCを務めるりゅうちぇる(21)が、結婚に対する自身の考えを明かした。

 りゅうちぇるが主催者となり、様々なパーティーを開催する同番組。17日の放送では、4人の若者をスタジオに招き、いくつかの議題で討論を行った

 その中で、「本命ではない、セカンド女子ってどう思う?」という議題があった。

セカンド女子というの、は本命の2番目の女性として恋愛をする女性のことを指し、りゅうちぇるは「考えられない!」とセカンド女子の存在自体が考えられないと興奮気味に主張。

さらにりゅうちぇるは、「人を傷つける恋愛って幸せになれないんですよね。やっぱり応援もされないし相談する相手もいない、何かあった時に答えがあっているかは、友達や相談相手がいるかによる。人生1回きりなのに幸せになれる道を自分で見つけていく力がなきゃダメだよ」と強く訴えた。

妹尾が「本当に彼女・奥さんのことが好きならセカンド女子は作らないので、実はセカンド女子の方がファーストよりも有利ではないか」とセカンド女子の方が立場は有利と発言した。
それに対し、りゅうちぇるは「これまでにいろんな人の恋愛を見ているけど、どっちみち男の人は、1番目を選ぶんだよ。その時に傷つくのはセカンド女子じゃないの?」と反論。

妹尾さんは気持ちが揺らぎつつも、「好きじゃない人に一方的に好きでいられるより、相手がいる人であっても好きな人を好きでいることが幸せだ」と主張すると、
りゅうちぇるは「幸せだよ? 片思いだから。でも関係を持つことがダメだと思うの。片思いする分には仕方ないから、好きになっちゃうのはしょうがないから、でもとどめる理性が大事だと思うの」と恋愛を分析した。

 そして、問題の最後は「若くしての結婚」という議題が持ち上がった。

21歳で結婚したりゅうちぇるは「家族やお仕事のこと、色々なことをじっくり考えて決断してみたら、若さが怖くなかったんですよね。色々な自信が勝っちゃった」と発言し、賛成する立場を示した。

同じくりゅうちぇるの意見に賛成の佐藤良平さんが「基本賛成ですけど、お金があればだと思う。幸せにしなきゃ結婚する意味はない。自分はお金が絶対必要だと思う」と意見を述べると、
りゅうちぇるも「佐藤さんの意見って現実的に思えるけど、実はすごい夢のある話なの。幸せなキラキラした家族を築いていきたいからこそ、お金が大事」と同意する。

ただし、お金と愛、どちらが大切かと聞かれれば「僕は愛を選ぶ」と話し、「人のために頑張ろうって思える強さが愛なのね。それで頑張ろうって思えてお金も作れるから、僕は愛に敵うものはないと思う」と強調した。

さらに、りゅうちぇるが、結婚した理由の1つに子どもを挙げ、「やっぱり物事は順序だと思っているので、結婚して、その後に2人の時間も楽しみながら子どもも欲しいと思ったから、将来を見据えて結婚だなって思えたんですよね」と語る。

 その後、参加者の中からデキ婚への反対意見が出ると「デキ婚で幸せになってる方もいらっしゃるかもしれないけど、できちゃった、じゃあ結婚しようはちょっと…」と首をひねり、「子どもという決断、何かのきっかけがないと踏み出せない2人なの?」と否定的な姿勢を示していた。

Twitterからの反応

りゅうちぇるのデキ婚の考え方に対して反対意見も多かった・・。

https://twitter.com/sjyuppe/status/843695056682803200

中には、りゅうちぇるの意見に共感する人もいた。

https://twitter.com/W83Xl/status/843680698120597505

コメントを残す