渡部建(アンジャッシュ)、佐々木希がついに結婚!入籍する日も決まったそうだ【速報】

渡部建 佐々木希 結婚

15年4月に交際が報じられ、今年1月には女性誌で同居報道があった。一部で「近日中に結婚」と報じられたこの日、渡部はTBS系「王様のブランチ」「オールスター感謝祭」に生出演。「オールスター-」では司会今田耕司らから「結婚するんですか?」と突っ込まれ「直接的すぎ!」。ただ「尋常じゃないくらい各所と話している」と対応に追われていることもにおわせた。「王様の−」では藤森慎吾からいじられたが「いいよ俺の話は!」と話し、結局両番組とも否定も肯定もせず。佐々木は昼ごろインスタグラムを更新したが、報道には触れなく2人からは交際を証言することはなかった

 渡部はこれまで、佐々木との熱愛に関して、徹底的にはぐらかしてきた。発覚直後から、イベントのたびに報道陣から飛ぶ質問に「ネット(ニュース)見ろ!」などと回答。今年1月には、同居や2月中の結婚は否定したが、交際自体は否定しなかった。

 佐々木は昨夏、写真集「かくしごと」の発売に際して取材に応じ、渡部について問われると「グルメな人?かくしごとしちゃお!」などとおどけ、順調な交際をうかがわせていた。当時結婚については「いつかしたい。タイミングさえ合えば。子供もいつかほしい」と願望を語っていた。

そして、2017年4月8日、かねて交際していたお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(44)とタレント・佐々木希(29)が、近日中に結婚することが8日、分かった。早ければ大安の今月11日にも入籍するとみられる。

渡部建(アンジャッシュ) プロフィール

  • 生年月日:1972年9月23日 (44歳)
  • 生まれ:東京都 八王子市
  • 身長:175 cm

趣味は食べ歩き、高校野球観戦、映画鑑賞、小説(読むこと、書くこと)。好きな漫画家は弘兼憲史である。
1日でも休みが取れれば地方の名店まで訪れるぐらいグルメであり、年間500件以上食べ歩いている。グルメリポーターとしても活動している(師匠は寺門ジモン)。また「ジモン軍団」と自ら公言している。DMM オンラインサロン「渡部建のとっておきの店、こっそり教えます」にて、グルメ情報を配信している。
心理学に興味があり、恋愛に使える“恋愛心理学”をたくさん持っている。資格もいろいろ持っており、夜景鑑賞士検定3級、社交ダンス(ラテン1級)、日本さかな検定3級、ダイエット検定2級、高校野球検定を取得している。
野球マニアである。
高校野球好きで、時間が空くと地方予選に留まらず強豪校の紅白戦なども観戦するために様々な球場に足を運び、出場選手にも詳しい。高校野球を観戦に行くとデジタルカメラで写真を撮るが、試合だけでなくスタンドで応援している部員も撮る。
1981年から現在に至るまでのずっと阪神タイガースファンである。
小学1年から中学3年までの9年間、八王子リトルリーグに所属していた(遠藤政隆とはチームメイト、1学年下には高木大成がいた)。
2010年12月23日13時から15時30分に、ニッポン放送の特別番組として、漫画『ラストイニング』県大会決勝戦の彩珠学院対聖母学苑戦をラジオの野球実況中継として再現した番組では、ゲストとして出演し解説を務めた。
いわゆる「女子力」が高く、ぬか漬けやスムージー、ジャーサラダ作りに夢中である。
2011年8月12日 信号待ちをしていたタクシーと追突事故を起こした。

[Wiki参考]
佐々木希 プロフィール

  • 生年月日:1988年2月8日 (29歳)
  • 生まれ:秋田県 秋田市
  • 身長:168 cm
  • テレビ:お天気お姉さん、 TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜、 怪盗ロワイヤル、 神の雫
  • アルバム:NOZOMI COLLECTION

2005年

秋田フォーラスに出店していたショップ「流行屋」の店員として勤務していたところ、集英社の青年漫画雑誌『週刊ヤングジャンプ』の全国縦断素人美少女発見グラビア「ギャルコンJAPAN」のスタッフが偶然見かけ、同店の店長の承認を得て写真撮影がなされた。2006年3月9日発売の同誌にて「ギャルコンJAPAN」初代グランプリとなったことが発表された。

2006年8月

集英社の女性ファッション雑誌『PINKY』の『第2回プリンセスPINKYオーディション』で、応募4,290人の中からグランプリを受賞。集英社発行の雑誌において、読者層が大きく異なるグラビアアイドル系のコンテスト(読者層が若年男性)とファッションモデル系のコンテスト(読者層が若年女性)の双方でグランプリを獲得したのは史上初であり、芸能事務所10数社から獲得の申し出があった。
そのため集英社が各事務所との面接を段取り、『ヤングジャンプ』愛読者だった当時のマネージャーの熱意を受けてトップコート所属となる。事務所所属を機にショップ店員を退職して上京。

2007年1月

集英社の少女漫画雑誌『マーガレット』に佐々木のシンデレラ・ストーリーを漫画化した『ガールフロムアキタトゥートキオ!!』(中田ミノル画)が掲載された。同年より集英社の「金のティアラ大賞」応援キャラクターとしても活動。その一方で、『PINKY』の専属モデルとしても活動し、同年5月発行の同誌7月号で鈴木えみとともに初の表紙を飾った。5月7日にはブログを開始。11月21日発売のAqua Timezのアルバム『ダレカの地上絵』収録曲「B with U」のミュージック・ビデオにも出演した。

2008年1月5日

秋田テレビ『とことん生チュー2008ch』、1月7日にNHK総合東北地方ブロックネットの新春インタビューコーナー、3月8日に秋田放送『いいオンナ!! 美人育成プロジェクト』(同郷の鳥居みゆきと共演)で、地元のテレビに出演。また、集英社『週刊プレイボーイ』で秋田弁を話すナマドルとして紹介された。同年3月24日より、WOWOW『Discover! UEFA EURO 2008』で衛星放送で全国放送デビュー。同年4月4日からTOKYO MX『ガリンペイロeX』にも半年間出演し、同年5月21日にはフジテレビ『爆笑レッドカーペット』で全国ネットの地上波番組デビューした。
テレビ番組でのタレント活動と並行して、2008年1月発行の『PINKY』3月号では初めて単独表紙を飾り、同年2月4日から日本コカ・コーラ「爽健美茶」のCMに杏、すみれ、VANESSAと共演して全国版CMデビュー[16]。同年9月6日には東京ガールズコレクション2008 A/Wに出演するなどファッションモデルとしてのキャリアを重ねた。また、1st写真集『Nozomi』、1stDVD『nozomi』を発売、グラビアアイドルとしての活動も続けた。

2008年11月1日

公開の映画『ハンサム★スーツ』で女優デビュー。2009年1月13日から放送された日本テレビの火曜ドラマ『神の雫』で連続ドラマ初出演を果たした。また2009年1月14日から、日本テレビ『レコ☆Hits!』で木下優樹菜とともに初めて司会を担当した。

2009年

ロッテの新商品ガム「Fit’s」のCMに出演、パパイヤ鈴木による独特な振付で踊る姿が話題になり、その振付を真似た動画をYouTubeに投稿し再生回数を競う「Fit’s ダンスコンテスト」が開催されるまでに至った。同年4月22日発売のティニーシャ・ケリーのファースト・アルバム『クロニクル・オブ・TK』では、佐々木からのラブコールによって、ティニーシャとアートワークの共同制作を行なった。7月21日 – 8月20日に実施された日本雑誌協会「雑誌愛読月間」ではイメージキャラクターを務め、計300誌に露出した。11月7日公開の映画『天使の恋』では初主演を果たす。

2010年

『PINKY』の休刊に伴い雑誌『non-no』のレギュラーモデルとなる。4月28日、自身のブランド「Cotton Cloud」をオンラインショップにてオープン、長年の夢を実現した。7月21日には自身が出演する「Fit’s」のCMのBGM「狼少年ケンのテーマ」のメロディを用いた「噛むとフニャン feat.Astro」で歌手としてメジャー・デビュー。10月4日から、フジテレビ『森田一義アワー 笑っていいとも!』に木曜レギュラーとして出演を開始。

2010年11月25日

秋田県が新設した秋田をPRする「あきた美の国大使」に、加藤夏希(同県由利本荘市出身)とともに委嘱されることが発表された。発表に際して秋田県知事・佐竹敬久は二人を『スーパー秋田美人』と称した。

2010年

アメリカ合衆国の映画情報サイト「TC Candler」が、ネットユーザーを対象とした投票ランキング「最も美しい顔100人」では2010年、日本人唯一の選出で33位にランクイン、日本人の最高ランクイン記録だったかでなれおんの37位(2008年)を更新した。2011年は71位、2012年は25位、2013年は41位、2014年は43位、2015年は84位に選出された。

2015年10月

『ブロッケンの妖怪』で舞台デビューする。

[Wiki参考]

コメントを残す