浮気を回避するテクニック!【浮気防止法】

浮気を回避するには

二人の関係がマンネリ化してくると、刺激がほしくなることは自然なこと。

誰かが
未知の体験をさせてくれたり
自分の知らなかった自分をほめてくれたり
することが、浮気の引き金になることはよくあります。

では、浮気を回避するテクニックとは何なのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

浮気するかもしれない相手からの誘惑に免疫をつける

浮気を防止するには、第三者(浮気するかもしれない相手)からの誘惑に対して、免疫をつけることが大切です。

例えば、

  • 二人で新しい趣味に挑戦する
  • ファッションを変えてみる
  • 相手の新たな一面を見つけてほめる

など、パートナー同士で新しい刺激を見つけることによって第三者からの誘惑に対して免疫をつけることができるのです。

そして、免疫をつけて得られるものは、第三者(浮気するかもしれない相手)からの誘惑に興味がなくなり浮気を回避できる確率が上がるということ。

楽しい思い出をたくさん作る

楽しい思い出をたくさん作ることはとても重要です。

遊園地へいったり
旅行へいったり
くだらない事で笑いあったり
でも良いです。そうすることによって、浮気をしようとなったときに、相手は、罪悪感を感じ、浮気を回避できます。

ただ、浮気を回避するために楽しい思い出を作ることを考えるのはやめましょう(笑)

むやみに疑わない

相手を疑うのは、「信じていない」というメッセージを発信しているのと同じ。信用されていないという寂しさから、逆に浮気に走る例もあるので、頻繁に「浮気してないよね?」などと疑う行為はやめましょう。

相手がすでに
浮気している場合/div>

もしも、すでに相手が浮気をしている場合、もうさっぱり別れを決心しているのであれば話は別ですが、別れたくないと思うのであれば、まず、「怒ったり」「責めたり」しないという事がポイントです。

怒ったり責めたりすると逆効果で、相手も対抗して逆ギレする場合もあります。

対処法を以下にまとめました。

自分の気持ちを決める

相手との関係をどうしたいのか決めること。
「別れたい」なら別れる。
「別れたくない」なら別れない。
「わからない」場合は、少し様子を見る。
など、まずは自分の気持ちはどうなのかはっきりすることが今後のためにも大切です。

事実と感想で訴える

「浮気したでしょ!」と責めたてると逆効果です。「部屋に知らないネックレスが落ちてて、悲しかった・・。」など、事実と感想のみを伝えると相手の心に響きます。

軽い「罰」を与える

浮気した罰に何かを買ってもらう(してもらう)というのも一つの手です。「恋人に何かを買ってまで関係を続けた」ことで、「そこまでして、この子と付き合っていたいんだ」と、気持ちを納得させる心理が働く。

信じる女を演じる

たとえば、パートナーが「仕事」と偽って浮気しているとき、「仕事、忙しいんだね。無理しないでね」と、あえて気遣うメールを送ると、相手は心を痛めて、罪悪感を感じるようになります。

スポンサーリンク

コメントを残す